賃貸を利用する|空き家管理を任せること|資産となる不動産をガード
女の人

空き家管理を任せること|資産となる不動産をガード

賃貸を利用する

メンズ

賃貸マンションの場合、鉄筋構造になっており、エレベーターやオートロックなどの設備が付いている場合も多いため、木造の賃貸アパートよりは賃料が高めに設定されていることが多くなっています。特に駅の近くや都心部など、立地条件が良い場所に建てられている賃貸マンションは、相場よりも家賃が高めの傾向にあります。しかしながら、最近では賃貸物件が次々に建設されており、供給過多の状態になっている地域も少なくありません。特に近年は少子高齢化の影響で人口も減少傾向にあるため、賃貸マンションでも空室が目立つようになってきています。そのため、空室を埋めるために家賃を下げている物件や敷金や仲介手数料を無料にするなどの対策を取っている物件も増加しています。

最近では仲介手数料が無料の物件が増加しています。仲介手数料は貸主と借主の仲介役を果たしている不動産業者が受け取る費用のことですが、不動産業者は家賃の1か月分までしか受け取ってはいけないと法律で定められています。また、本来ならば貸主と借主が0.5か月分ずつ支払うものとされていますが、実際には借主が1か月分支払うケースも少なくありませんでした。最近の仲介手数料無料物件では、空室対策として貸主が仲介手数料を全額支払っているケースも増加しています。また、不動作業者が賃貸マンションの貸主となっている場合も多くなっています。仲介手数料は不動産業者が媒介した時に発生するものなので、自身が貸主となっている場合は手数料を請求することはできない決まりになっています。